私が結婚に失敗す理由

期待に胸ふくらませ、周囲の祝福を受け、
希望に満ちて結婚生活に入っても、色々な原因で失敗する人は多いようです。

では最終的にそのような人はどのような道を選ぶのでしょうか。
結婚生活を維持できないで諦めてしまうのか、
この結婚は失敗だったと分かっても、とりあえず形だけは結婚を維持するか、
と、それ以降はご自身の選択です。

では、これらの「結婚に失敗した」と判断した人達は、
何が理由で、そうなってしまったのでしょう?

幸せになりたい、と思って結婚したのに、
なぜうまくいかなかったのでしょう?

眼力と言ってしまえばそれきりですが、
相手を見る目が無かった、というのが最も大きな理由かもしれません。

そしてその背景にあるのが、(主に女性ですが)結婚への焦り、
というものがあると思います。

やはり女性にとって、いつまでも結婚しない、結婚できないということは、
周囲からは特別な目で見られます。

仕事の忙しさなどが加わると、心身ともに追い詰められ、
時間は知らぬ間に経ってしまい、気づいたら婚期を逃して・・、
ということになりがちです。

気持ちは焦るのですが、時間の経過とともに現実的には、
良い相手が現れず、結婚相談所へ行って紹介をしてもらっても、
結婚情報サービスのサイトへ登録し、運命の相手を探しても、
基本に焦りがあるために、冷静な判断が出来ずに、
破綻を招く相手を選んでしまう訳ですね。

どのような婚活をしても、基本的に心の余裕が無いと、
結婚しても失敗する相手を選んでしまうのです。

もうひとつは、結婚後の夫婦間の人間関係です。
夫婦という人間関係は逆に難しいのではないかということです。

たしかに女性は男性に「甘える」という部分は必要ですが、
夫婦とはいえ相手を尊重し合って付き合いましょう。

営業マンが顧客と付き合う感覚に近いものがあります。

100%フィットするなどという相手は絶対にいません。
そのフィットしない部分を相手とうまく付き合っていけるか?ですね。

例えばご近所付き合いは積極的にやる方が良いというご主人と、
どうもご近所とは苦手、という奥さんがいるとしましょう。

この場合国会の審議ではないので、なにも結論を出さなくてもいいのです。
「じゃあご近所のお付き合いはアナタお願い・・」といって、
特異な部分を相手におまかせ、でいいのではないでしょうか?

しかしまずは選ぶ部分で慎重に進めましょう。
婚活に明け暮れているアラサー女子の方も結構多いと聞きますが、
焦りだけは禁物です。

運命の人が現れるかどうかは、時期もあるのですから。