ガラス修理について

 自動車のガラスの修理には2種ある。それは、修理(repair)を行うのか、交換(replace)を行うのかという2種である。

 修理(repair)の方は、窓ガラスに少しの傷が入っただけならば、ガラスごと交換する必要はなく、修理という形を取り、傷を目立たなくすることが可能になってくる。主な方法としては、遠く主な樹脂を傷口に流し込み、その樹脂周辺が固まった後に表面を加工するという方法である。この方法を行えば、車検は必ず通るといわれている。

SUBARU : アフターサービス > 車検トップページ

また、傷の拡大は防がれ、ガラスをそのまま交換するよりも費用は安く、さらに、ガラス強化にもつながってくるという特典が付いてくる。しかし、デメリットも存在する。それは、必ずしも傷が治るわけではない。あくまでも目立たなくするためのものである。また、紫外線などの影響により、修理を行った部分は時間が経ては、色が変色していく。

車検・中古車の事なら「ヌマセキ」!沼津・三島・清水町・長泉町・伊豆

さらに、修理をしたからといって何年もメンテナンスを行っていまいと、急にガラスが割れてしまうことも考えられる。このように、様々な利点欠点が存在するため、修理を行う際には慎重にならなくてはならない。また、注意する点を挙げるのであれば、500円玉よりも大きい傷や傷は小さいが傷の深さが深いものは、修理は行うことはできず、交換という形になってしまう。
 次は交換(replace)について説明をしておこう。この交換には、主に、免責額は自己負担で、超過分を保険会社が払う場合が多い。「Full Glass Coverage」という保険に入っていると、免責額も保険会社が負担してくれて交換を行えるプランがあるという。自分が加入している保険プランがどのようなものであるのかを確認しておくとよいだろう。

仙台 自動車修理

 ガラスに傷がついてしまった場合には、すぐに修理(repair)を行うのか、交換(replace)を行うのかを慎重に決めることが大切である。ガラスの傷がついていたまま走行してしまうと、ガラスの強度が弱くなっているため、傷からヒビが入り、そのヒビからどんどん広がっていき、急に割れてしまうということにつながる。また、ヒビの入ったまま走行すると、警察の方に注意されてしまうため、そうならないためにも早めに行うことをお勧めする。