自動車検査登録制度について

マイカーを所有している方はたくさんいらっしゃると思います。車を保有しているといろいろな法律により、管理されていたり、制約されていたり、守られていたりということがあります。そして、そういったことをする為にも、すべての車について、誰が所有している車なのか、どこで保管されている車なのか、検査をちゃんと受けているのかという事を管理すると共に、登録する必要があります。

廃車

まず、新車を購入すると、その車は新車登録される事で始めて所有者によって道路上に出る事ができます。その後、どこかに引っ越したり、所有者の名前が変わったりということがあった場合には、変更登録が必要になってきます。面倒なら届け出なくても良いのではないかと思うかもしれませんが、そのままにしておくと、毎年の納税手続きの際などに、違う住所へ書類が送られてきたり、旧姓の方で送られてきたりと、その際に変更の手間がでてくることになってしまいます。

引越するときや、自動車を廃車・譲渡するときの手続きについて - 岡山県ホームページ

それ以外にも、車の所有者が変わったときにも手続きが必要ですし、もう乗るのをやめようとした場合にも、処分に関する何かしらの手続きが必要になってきます。管理されていると思うと何となく煩わしくなるかもしれませんが、このように登録・管理されている事で、例えば犯罪や事故に巻き込まれた際に、相手車両の割り出し等も可能なのではと考えれば、車のナンバーがわかるという事で、所有者を追跡してもらえるという安心感は得がたいものになるのではないでしょうか。

青森県 - 自動車解体・廃車手続きガイド

車検を受けるという事で、お金が掛かり、もったいないと思うかもしれませんが、いろいろなことを考えると、悪いことだけではないのかなと感じることが出来るのではないでしょうか。