マッサージの効果について

私、疲れてます。

30を目前に結婚し、すぐに妊娠が判明!マタニティライフをくぐり抜け、なんとか出産。生まれてすぐはさすがにあたふたしましたが、さすがに1年もたてば子供との向き合いかたにも慣れようというもの。生活も落ち着き、やっと自分の時間を持つことができ始めた今日この頃。この一連の流れの中で目立つトラブルもなく、わりと順調に日々を過ごしていたんです。
だけど、何だか最近疲れが抜けないんですよね〜。



原因は多分、子供の世話。世話自体はとてもハッピーな仕事なんです。生まれるまでは、これまで自分のためだけに生きてきた自分勝手さもあって、ちゃんと育てられるか不安でした。でも生まれてみれば、わが子はとんでもなくかわいくて、自分がこんなに自分以外に時間を割けるなんて思ってもいませんでしたからね!子供はかわいいし自分の生活にもゆとりが出てきたし、一見何の不備もない。

オトナは年々太りやすくなる悲しい定めなの?(基礎代謝の年齢変化):タニタ 健康・ダイエットBOOK

けど実際疲れてる。ぐっすり寝ていても、日中眠い。なんとなくやる気が出ないし…。そんなある日、子供のお腹の調子が悪くてずっと付きっきりだったタイミングがあったんです。子供って薬を飲ませるだけじゃなくて、母親が側について体を撫でたりすることで落ち着いてくれるんですよね。その時もお腹をずっとさすってあげていたら、だんだん調子が良くなってくれました。そう言えば、まだ赤ちゃんだった時、オイルを使って赤ちゃんの肌をマッサージする、ベビーマッサージをしていたことを思い出しました。

基礎代謝 -筋肉アカデミー-

じかに肌と肌を触れ合わせることで安心感を与えたり、免疫を高める効果があるとのことでした。つまり、体の不調や疲れを癒すには、手を使って撫でたりさすったりする、マッサージが効果的だってことですよね!調べてみると、マッサージを行うと人間の体にストレスを感じさせるホルモンの一種である「コルチゾール」や、アレルギー反応と、関係のある「サイトカインプロテイン」を減少させ、免疫力を高める効果がはっきりと現れたという研究発表があったんです!もしかしてマッサージで、私自身のこの倦怠感も緩和されるのでは!?一口にマッサージといっても、オイルマッサージやアロママッサージ、リンパマッサージ、ヘッドマッサージ、足ツボ、整体などに至るまで実に様々な種類がありますよね。この不調から脱却するために、マッサージについて自分なりに調べたり、実践したことをコラム形式でご紹介しちゃいますよ〜!お楽しみに!