香典の目安って?

自らが中心となって、葬儀にかかわる機会は、それほど多くないかも知れません。しかし、親戚や、友人、知人、また、仕事をしている方ならば、職場の関係で葬儀に出席する機会は案外あるものです。その際に、お香典をお供えすることになるでしょうが、その目安について知っておくことも大切です。

倉吉への交通アクセス

まず、自分の身内の葬儀についてですが、両親のどちらかが亡くなり、故人の長男が喪主を努めたとします。そのとき、あなたが喪主の兄弟、姉妹という続柄であれば、実質的な香典の費用は、その間で話し合って決めておくべきでしょう。

全日本合唱連盟 訃報

葬儀費用の分担という形になりますので、最近では、香典はもらわずに、最終的にかかった費用を均一に分けるという形をとる家庭も多いようです。もしくはあらかじめ葬儀の予算を決めておき、兄弟姉妹間で、一定の金額を香典として収めるというのも、わかりやすい方法です。

仙台 葬儀

身内ではなく、職場関係の知人、上司、同僚などの場合は、事前に金額の申し合わせが決まっていることも多いです。あらかじめ確認をとっておいたほうがよいでしょう。あなたの年代によって、包むべき香典の金額は変わる可能性がありますが、だいたい職場などの関係では、5000円程度が目安になるかと思われます。

しかし、中には「故人と大変親しかった」とか「非常に世話になった上司」など、個人的な思いがある方もおられるでしょう。それについては人それぞれの気持ちもありますので、一律に「常識ではこの金額」と決めつける必要はないのかもしれません。しかし、香典を受け取る遺族への配慮は必要です。当然のことながら、香典は貰いっぱなしではありません。必ず返礼があります。また、香典を頂戴したご家庭に不幸があれば、必ずこちら側からも、礼儀として香典を出します。それは社会通念上、常識化しています。

つまりおのれの心情だけで、大きな金額を包んでも、かえって遺族の方々には恐縮され、気を使わせてしまうことになります。やはり香典は、一般社会上の常識の範疇で、気持ちを添えてお渡しするのが一番です。